フォト

アフェリエイト

  • 宿泊先予約サイト
  • Amazon
  • Find-A
無料ブログはココログ

« ★★941東海道・山陽新幹線の乗客数にも不況直撃 | トップページ | ★★鉄道路線の乗りつぶしにあわせて郵便局訪問している方へ その2 »

2009年3月15日 (日)

★★東京発のブルートレインはもう走らない

昨日、東京駅発のブルートレインが最終運行を終えた。テレビや新聞では東京駅の絵図が取り上げられている。東京=九州ばかりが取り上げられてしまうが、実は大阪駅以西にはブルートレインが一切走らないことになってしまう結果に。

確かに、東京=九州間は飛行機で移動するのが一般的。関西=熊本・鹿児島でも飛行機で、来年に新幹線鹿児島ルートが完成すると新幹線にも人が移るため、ブルトレの需要は浮かんでこない。

おまけに、JR西日本では使わなくなったブルートレインの客車を海外に譲渡しているなんてことも行ってきている。JR東日本・JR九州でも似た扱いを行うだろう。

ブルートレインの想い出でも書こうと思ったが、現実を突きつけられると厳しすぎる結果に。かつては東京=鹿児島の移動では、価格面ではやぶさが最安、次が富士、飛行機はそのあとだったのだが、いつの間にかに飛行機の方が安上がりになってしまい、勝負にならなくなってしまった。

富士は西鹿児島→宮崎→大分と、はやぶさは西鹿児島→熊本と運行区間を短くして対応してきたが、来年の九州新幹線鹿児島ルートが決定打になって廃止になったと考えるしかありません。かつては、東京=小倉間を「富士はやぶさ」一編成で運行していなかったが、いつの間にかに一編成にされていたので、東京=熊本を廃止してしまうと、東京=大分だけの運行では営業上耐えられないということなのだろう。

※価格で「はやぶさ」<「富士」なのは、運行距離の長さだけ。並行運行しない小倉=西鹿児島の路線距離が日豊本線の方が鹿児島本線より長い結果です。

結局、「鉄道旅行」が主役となるトワイライトエクスプレスとカシオペアの高級寝台列車しか生き残らないような気がしてならない。上野=金沢間の「北陸」は北陸新幹線延伸まで、上野=青森間の「あけぼの」は東北新幹線新青森延伸までとなるだろう。青森=大阪間の「日本海」、上野=札幌間の「北斗星」もどこまで持つかの話になってきてしまうからです。

残念だが、ブルートレインに乗りたい人はお早めにとしか言葉が浮かんできませんでした。残念です。

最終ブルトレの雄姿 目に焼き付け 東京駅に2000人出迎え
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090314-00000526-san-soci

3月14日13時2分配信 産経新聞

東京と九州を結ぶ、寝台特急ブルートレイン「富士・はやぶさ」(東京-熊本・大分)の九州からの上り列車が14日午前、東京駅に到着し、半世紀に渡る運行に幕を閉じた。新幹線網の発達や夜行バスの台頭で次々と姿を消しているブルトレ。ラストランを見届けようと、東京駅には大勢のファンが詰めかけた。 14日午前11時半ごろ、人身事故や強風の影響で定刻より約1時間半遅れて、東京駅に上り最終列車が姿を現した。待ち構えていた約2000人のファンからは拍手が沸き起こり、「ありがとう」「お疲れさま」と歓声が飛んだ。

乗車した、東京都町田市の須永敏夫さん(88)は「退職後、ブルトレに乗ってのんびり旅を楽しむのを趣味にしている。なくなるのは寂しいし、復活してほしいですね」と感慨深げな様子だった。

会社員の山田剛嗣さん(40)は神奈川県平塚市から駆けつけた。山田さんは幼いころ、家族4人で「富士・はやぶさ」に乗り、九州旅行に行った記憶が忘れられないという。先週、30年ぶりに記憶をたどろうと両親らを誘い、再び「富士・はやぶさ」に乗った。

山田さんは「廃止は残念ですが、雄姿を目に焼き付けておきます」とカメラのシャッターを切った。

JR東日本によると、13日に東京駅を出発した320人分の最終チケットは、発売開始10秒で完売したという。

東京都中野区の会社員、高木操さん(39)は旅行会社を十数軒も回り、最終チケットを手に入れた。父親が鉄道マンだった高木さんにとって、「富士・はやぶさ」には幼いころから親しみを持っていたという。「旅は時間をかけるもの。どんどんスピードが早くなる世の中で、ブルトレだけが昔を思いださせてくれるものだったのに…」と惜しんだ。

日根野谷法子さん(63)は大阪府泉佐野市から「富士・はやぶさ」に乗るため13日、東京駅にやってきた。日根野谷さんは昭和40年に高校を卒業した後、大阪に就職する際、「富士・はやぶさ」を使ったという。

当時は、手持ちのお金も少なくて寝台に乗れず、3人掛けの狭い木のイスに座った。「就職の不安と窮屈さで眠れなかった。あのころを思いだしてきます」と列車に乗り込んだ。

1970~80年代にかけて最盛を迎えた「富士・はやぶさ」だが、近年では4割程度にまで乗車率が落ち込んでいた。通勤客を乗せた列車を優先させるために、何度も通過待ちし到着に時間がかかることが敬遠されていた上、ダイヤ編成時の障害にもなっていたといい、廃止が決まった。

東京駅発のブルトレは姿を消した。残るブルトレは上野駅発の「北斗星」(札幌駅間)「あけぼの」(青森駅間)「北陸」(金沢駅間)と、大阪駅と青森駅を結ぶ「日本海」という。

« ★★941東海道・山陽新幹線の乗客数にも不況直撃 | トップページ | ★★鉄道路線の乗りつぶしにあわせて郵便局訪問している方へ その2 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1029202/28625308

この記事へのトラックバック一覧です: ★★東京発のブルートレインはもう走らない:

» 泉佐野市について [大阪について調べてます]
宮城県「倒産寸前」試算 ネットで巻き起こる「前知事」批判 ... 他でも、07年度決算では大阪府泉佐野市や和歌山県和歌山市など40市町村が、財政... [続きを読む]

« ★★941東海道・山陽新幹線の乗客数にも不況直撃 | トップページ | ★★鉄道路線の乗りつぶしにあわせて郵便局訪問している方へ その2 »

最近のトラックバック