フォト

アフェリエイト

  • 宿泊先予約サイト
  • Amazon
  • Find-A
無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月 6日 (土)

★★東北縦貫線工事現場を駅内から見てみた

品川駅の東北縦貫線折り返し設備(ホーム)工事現場の写真を載せたが、同じ日(11/3)に東京=上野間も見てきたので、追加記事の形で載せておきます。
ただ、品川駅に比べたら全然インパクトはありません。

【東京駅】
残念ながら、ここでは工事が行なわれようもないので、何にもなし。
現在7-10番線ホームの2面4線が折り返しに使われている。
ホームの配置から、7・8番ホームが北行き、9・10番ホームが南行きになるだけ。
東北本線は東京駅が基点なのであるが、上野駅始発しかなかった構造なのが改められるだけ。
でも、上野発の夜行列車(※)は臨時ダイヤでも組まれない限り、やってこないと思われる。石川さゆり「津軽海峡・冬景色」の歌詞は、青函連絡船廃止で青森では昔話になったが、東京では昔話にならないのね。

※北斗星、カシオペア、あけぼの

変わるのは、駅内の掲示板ぐらい。
7・8番ホームの案内表示が、現在の上野駅5-8番線に掲げられる内容に類似するものに変わるだけと思われ。


写真1(駅内通路からホームへ上がる階段手前)


写真2(上野駅7・8番ホームに下りる階段前)

東京駅から神田駅に向かった。
首都高速の高架があるので、新常盤橋までの東北線線路はジャッキアップ不能。従って、この間は光景は変わり映えしない。


写真3(新常盤橋交差点そば:10/05/28)

新常盤橋を過ぎると、東北縦貫線用の高架工事の状況が車窓から分かるようになった。

【神田駅】
ここでは、ホームの東側、東北新幹線高架の真上に、ドンと高架が乗せられる工事の状況がよく分かる形。高架に一番近い1番ホームから南(東京駅)方向、北(秋葉原駅)方向を写したが、南側の方がわかりやすいのでこちらを掲載した形。


写真4(神田駅ホームから南方向)

神田駅で工事している高架は、神田川に差し掛かる頃には山手線・京浜東北線の高さに下がる。

【秋葉原駅】
現在、東北・高崎線の引込み線として使われるところがそのまま使われるだけ。
駅の設置もないので変わり映えせず。従ってスルー。

【御徒町駅】
ここはどっちみち、引込み線をそのまま使うはずなので、何にもしてないだろうと高をくくっていたら、甘かった。現存する高架で工事していた。
とは言え、神田駅の工事現場に比べれば驚くに値しない。「クレジットカード現金化」「ブランド時計買取」と、いかにも御徒町らしい看板の方に目が向かうはずだ。


写真5

【上野駅】
ここも変わり映えしない。
東海道新幹線工事の際、東北本線の中・長距離列車が東京駅へ行けないよう線路をぶったぎったが、上野側の引込み線は秋葉原まで続いていたので、線路工事の必要性も見当たらない。東北縦貫線が開業の暁には、人の流れは確実に変わるが、建築物視点では変化を語りようもない。

駅内の掲示板にある東北線の項が、東海道線に置き換わるぐらいか。
東北(宇都宮)線、高崎線と表示したって無意味なので
「東海道線 東京・横浜・平塚方面」
とするのが落としどころだろう。


写真6

【おまけ・新橋駅】
新橋駅2番ホームは、現在は最終駅手前である。
従って、「東京行」で形がついてしまう。
東北縦貫線が開業したら、宇都宮線(東北線)線・高崎線と変わる。こんな分かりやすい案内板があるのも、2014年3月まで。


写真7


2010年11月 3日 (水)

★★東北縦貫線品川駅折り返し設備(?)の工事現場

東北縦貫線が現在工事中である。
品川駅に折り返し設備を造ることもすでに発表されている。
そこで、どんな状況だろうと見に行ってみた。

現在、品川駅には臨時ホームとして7-10番ホームが設置されている。
7番・8番ホームには早朝に出発する電車がある。
9番ホームは今も使用されているようだが、よく分からん。
9番ホームと10番ホームの間には鉄板が並んでいた。10番ホームは使用される気配がない。

そんなこんなが分かったので、とりあえず現場を見てみた。


写真1

駅内の東西通路から、7・8番ホームに下りるところに、「始発電車ご案内」と掲示板が出されている。それはいい。だが、2日の12時台、3日の13時台に7・8番ホームの面に行ってみたら、まるで人の気配がない。早朝と深夜しか使われていないのかもしれない。


写真2

人気のない7・8番ホームから9番ホームを見たら、パソコンを見つめる人の一団が。わけわからん。なんかの撮影らしきものをすぐ横でやっていたようだが、訳分からず。テレビCMでもないし、何だったのか…


写真3

わけわからん一団がいた一帯から、横浜寄りにある東西通路の階段から10番ホームを写した形。10番ホームの線路は撤去され、鉄板によって隠される形。線路側はなんか工事してる。


写真4

写真5

11番線ホーム(東海道線下りホーム)から10番線を見てみた。写真にあるようにトラックが入っている。写真にはないが重機も。折り返し設備用工事だろうが、でここでは終わり。


写真6

11番ホームから東西通路に上り、現品川運転区(北側・東京駅方面)を見てみた。形を見ると、ホームの土台を作っているかのようだ。これが折り返し設備と、ホームになっていくのか???
写真4・5の線路があるべき高さのところのコンクリ、写真6枚目右端のコンクリ部をつなげると、ここに10番線の線路を引き、それに合わせたホームが写真6の四角が並ぶところに置かれ…と想像できる。

東北縦貫線ができると、写真6の前方に広がる操車場がどかされることにもなるので、10番線・9番線のホームを写真6の右側に動かしたら、7・8番線ホームを右に、5・6番線ホームを右にと順次移設されていくはず。


写真7

品川駅の5・6番線ホームの案内には「新橋・東京方面」となっている。
しかし、東北縦貫線が開業すると、上野・大宮方面へ運行されることになるため、「新橋・東京方面」では説明がつかなくなる。看板取替えが先か、ホーム移動が先かは不明。


写真8

東海道線品川駅上りホームの行先電光掲示板はTOKYOと表示されていた。
と言うより「TOKYO」しか表示しないのである。「TOKYO」のほかは「東京」しかないので意味がない。ただ、これも東北縦貫線開業までの命になるはず。
東北縦貫線開業後は、踊り子号を除いて「東京行き」はなくなる。


« 2010年5月 | トップページ | 2010年12月 »

最近のトラックバック